カウンタ

あなたは92810人目の 
        お客様です.

新着情報

2016年9月7日
『日本の都市を焼き尽くせ!』が,第19回日本自費出版文化賞特別賞を受賞しました.

2015年11月20日
『日本の都市を焼き尽くせ!』発刊.

2014年9月6日
カウンターを付けてみました.

2014年7月28日
『アメリカが記録した室蘭の防空』発刊.

2013年8月1日
『原爆投下部隊-第509混成群団と原爆・パンプキン』発刊.

2012年7月15日
第15回日本自費出版文化賞の第2次選考会が,2012年7月14日,東京都内で開かれ,『米軍の写真偵察と日本空襲』が入選し,最終選考に進みました.

2012年7月1日
『徳山要港防備図でたどる周南の戦争遺跡』を発刊しました.

2012年3月
ホームページを再開しました.
 
日々の生活の記録 >> 記事詳細

2017/09/10

地震の爪あとを見る

| by:admin
長陽大橋法事で帰省することになった.今回は車を使って,無理をせず,法事の前に1泊,後に1泊することにした.車で帰省するときはいつも熊本経由で,竜野と南阿蘇を結ぶ長陽大橋が完成したばかりだったので,前日の宿泊場所に南阿蘇のペンションを選んだ.熊本地震が起きたのは入院中のことで,緊急地震速報で起こされすぐにベッドの下に入ったのをよく覚えている.
 朝6時に起きて車で長陽大橋まで行くが,近くに駐車する場所がなかった.橋を渡って竜野の方に行き,駐車できるスペースに止めて歩いて引き返すと橋のたもとまで10分以上かかった.橋の中央から下を見ると,深く切れ込んだ渓谷の両側が崩れ落ち,巨岩が川底に横たわっているのが見えて,地震の凄まじさを感じた.写真は完成したばかりの長陽大橋.
22:56 | 旅の空

お知らせ

2015年11月20日発刊!
日本の都市を焼き尽くせ
長さ250mm×高さ240mm,200頁
定価2800円+消費税 
宣伝用チラシ
  Amazonで購入する

好評発売中!
アメリカが記録した室蘭の防空
戦争末期,室蘭には陸軍の最新鋭のレーダー施設が配備されていた.1945年10月の戦略爆撃調査団の調査結果と現地調査をもとに室蘭の防空を解説.
Amazonで購入する  正誤表.pdf
原爆投下部隊
広島・長崎に原爆を投下した第509混成群団の創設から,模擬原爆パンプキンによる訓練を経て原爆投下に至る過程を豊富な写真資料で紹介.
Amazonで購入する  宣伝用チラシ
周南の戦争遺跡
徳山要港防備図を手がかりに,戦争中に周南市(山口県)に建設された防空砲台や特設見張所を,当時の航空写真や現地調査による豊富な写真で紹介.
Amazonで購入する  内容の紹介

米軍の写真偵察と日本空襲