カウンタ

あなたは97123人目の 
        お客様です.

新着情報

2016年9月7日
『日本の都市を焼き尽くせ!』が,第19回日本自費出版文化賞特別賞を受賞しました.

2015年11月20日
『日本の都市を焼き尽くせ!』発刊.

2014年9月6日
カウンターを付けてみました.

2014年7月28日
『アメリカが記録した室蘭の防空』発刊.

2013年8月1日
『原爆投下部隊-第509混成群団と原爆・パンプキン』発刊.

2012年7月15日
第15回日本自費出版文化賞の第2次選考会が,2012年7月14日,東京都内で開かれ,『米軍の写真偵察と日本空襲』が入選し,最終選考に進みました.

2012年7月1日
『徳山要港防備図でたどる周南の戦争遺跡』を発刊しました.

2012年3月
ホームページを再開しました.
 
日々の生活の記録 >> 記事詳細

2017/02/18

黒島・柱島・端島の旅

| by:admin
黒島の港最近の生活は,「島めぐり」の様相を呈してきた.原稿の締め切りが近づいてきた今日は,岩国の黒島・柱島・端島の3島を1日でめぐる計画を立てた.週末は定期船が増便するのでこうした計画が可能になる.岩国港までどうやって行くかが問題になったが,結局公共交通機関を使うのが最も安いということがわかり,朝4時に起きて山陽本線で岩国駅まで行き,駅から岩国港までは25分かけて歩いた.
 岩国港から最初の訪問地黒島までは定期船で約40分,ここでの主目的は1945年7月24日の黒島空襲で亡くなった黒島分校の生徒13人を含む19人の犠牲者の供養塔を見学することだった.写真は一通り見学した後,港に出て黒島の集落を撮影したもの.一番左の建物が1994年に休校となった黒島小学校の建物であるが,現在島には小学生も中学生もいなくて,住人の数も十数名という.
22:50 | 旅の空

お知らせ

2015年11月20日発刊!
日本の都市を焼き尽くせ
長さ250mm×高さ240mm,200頁
定価2800円+消費税 
宣伝用チラシ
  Amazonで購入する

好評発売中!
アメリカが記録した室蘭の防空
戦争末期,室蘭には陸軍の最新鋭のレーダー施設が配備されていた.1945年10月の戦略爆撃調査団の調査結果と現地調査をもとに室蘭の防空を解説.
Amazonで購入する  正誤表.pdf
原爆投下部隊
広島・長崎に原爆を投下した第509混成群団の創設から,模擬原爆パンプキンによる訓練を経て原爆投下に至る過程を豊富な写真資料で紹介.
Amazonで購入する  宣伝用チラシ
周南の戦争遺跡
徳山要港防備図を手がかりに,戦争中に周南市(山口県)に建設された防空砲台や特設見張所を,当時の航空写真や現地調査による豊富な写真で紹介.
Amazonで購入する  内容の紹介

米軍の写真偵察と日本空襲