カウンタ

あなたは83902人目の 
        お客様です.

新着情報

2016年9月7日
『日本の都市を焼き尽くせ!』が,第19回日本自費出版文化賞特別賞を受賞しました.

2015年11月20日
『日本の都市を焼き尽くせ!』発刊.

2014年9月6日
カウンターを付けてみました.

2014年7月28日
『アメリカが記録した室蘭の防空』発刊.

2013年8月1日
『原爆投下部隊-第509混成群団と原爆・パンプキン』発刊.

2012年7月15日
第15回日本自費出版文化賞の第2次選考会が,2012年7月14日,東京都内で開かれ,『米軍の写真偵察と日本空襲』が入選し,最終選考に進みました.

2012年7月1日
『徳山要港防備図でたどる周南の戦争遺跡』を発刊しました.

2012年3月
ホームページを再開しました.
 
日々の生活の記録 >> 記事詳細

2017/04/15

すべてのIDを用意する

| by:admin
米国立公文書館写真は現在通っている米国立公文書館を駐車場の辺りから撮影したもので,毎日写真の撮影位置付近に駐車して入館する.入館の際に必要なIDの期限が切れていたので,新たな登録手続きが必要になった.これまでの入館証があったので手続き自体は簡単だったが,受け取った新たな入館証はプラスチックではなく,紙製だった.それらしい噂によれば,カードを製造する機器が故障して,それを修理するお金がないという.
 初日はパスポートで通過できたので気にならなかったが,2日目からたいへんだった.車でゲートを通過する際,顔写真の入ったIDが必要だと言われるので,パスポートを出すと,ここは主に車の確認だと言われて運転免許証の提示を求められる.国際運転免許証を差し出すと,発行日は記載されているが有効期限の記載がないと言われて日本国内の運転免許証を求められる.さらには入館証を求める担当者もいて,結局,毎日4種類のIDを用意してゲート通過に臨むことになった.
22:34 | 旅の空

お知らせ

2015年11月20日発刊!
日本の都市を焼き尽くせ
長さ250mm×高さ240mm,200頁
定価2800円+消費税 
宣伝用チラシ
  Amazonで購入する

好評発売中!
アメリカが記録した室蘭の防空
戦争末期,室蘭には陸軍の最新鋭のレーダー施設が配備されていた.1945年10月の戦略爆撃調査団の調査結果と現地調査をもとに室蘭の防空を解説.
Amazonで購入する  正誤表.pdf
原爆投下部隊
広島・長崎に原爆を投下した第509混成群団の創設から,模擬原爆パンプキンによる訓練を経て原爆投下に至る過程を豊富な写真資料で紹介.
Amazonで購入する  宣伝用チラシ
周南の戦争遺跡
徳山要港防備図を手がかりに,戦争中に周南市(山口県)に建設された防空砲台や特設見張所を,当時の航空写真や現地調査による豊富な写真で紹介.
Amazonで購入する  内容の紹介

米軍の写真偵察と日本空襲