カウンタ

あなたは89602人目の 
        お客様です.

新着情報

2016年9月7日
『日本の都市を焼き尽くせ!』が,第19回日本自費出版文化賞特別賞を受賞しました.

2015年11月20日
『日本の都市を焼き尽くせ!』発刊.

2014年9月6日
カウンターを付けてみました.

2014年7月28日
『アメリカが記録した室蘭の防空』発刊.

2013年8月1日
『原爆投下部隊-第509混成群団と原爆・パンプキン』発刊.

2012年7月15日
第15回日本自費出版文化賞の第2次選考会が,2012年7月14日,東京都内で開かれ,『米軍の写真偵察と日本空襲』が入選し,最終選考に進みました.

2012年7月1日
『徳山要港防備図でたどる周南の戦争遺跡』を発刊しました.

2012年3月
ホームページを再開しました.
 
日々の生活の記録 >> 記事詳細

2016/08/22

象山地下壕の見学

| by:admin
象山地下壕 2日目のシンポジウムの分科会では,いろいろあったが無事終わった.3日目は現地見学会で,戦争末期の大本営や日本の重要政府機関の移転予定先の見学だ.8時半に旧長野電鉄松代駅前に集合し,バスで見学先に向かった.政府機関や日本放送協会,中央電話局の移転が予定されていた象山地下壕の他,大本営予定地や天皇・皇后用庁舎の移転先だった舞鶴山も見学した.見学者の安全が十分に配慮されていて,説明も丁寧だった.写真は象山地下壕の中で説明を受けているところ.
 「日本のいちばん長い日」に登場する高橋悦史が演じた井田正孝少佐が,この移転計画の発案者だったらしい.空からの偵察に十分耐えるだけ偽装がなされたのか,見学の最後に見せてもらった戦後の航空写真はこの質問に対して心もとないものだった.
23:02 | 旅の空

お知らせ

2015年11月20日発刊!
日本の都市を焼き尽くせ
長さ250mm×高さ240mm,200頁
定価2800円+消費税 
宣伝用チラシ
  Amazonで購入する

好評発売中!
アメリカが記録した室蘭の防空
戦争末期,室蘭には陸軍の最新鋭のレーダー施設が配備されていた.1945年10月の戦略爆撃調査団の調査結果と現地調査をもとに室蘭の防空を解説.
Amazonで購入する  正誤表.pdf
原爆投下部隊
広島・長崎に原爆を投下した第509混成群団の創設から,模擬原爆パンプキンによる訓練を経て原爆投下に至る過程を豊富な写真資料で紹介.
Amazonで購入する  宣伝用チラシ
周南の戦争遺跡
徳山要港防備図を手がかりに,戦争中に周南市(山口県)に建設された防空砲台や特設見張所を,当時の航空写真や現地調査による豊富な写真で紹介.
Amazonで購入する  内容の紹介

米軍の写真偵察と日本空襲